ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる情報発信ビジネスのノウハウ、ブログ×メルマガ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法を分かりやすく解説しています。

WPプラグイン設定

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方-Contact Form 7に画像認証を追加できる便利プラグイン

投稿日:

WordPress ReCaptcha Integrationは、問い合わせフォームに対するボットスパムを遮断するのに役立つプラグインです。

問い合わせフォームに、海外からのボットでのスパム問い合わせが増えると、業務に支障を来します。

そこで人間でないと問い合わせができないようにできるのが、「ReCaptcha」と呼ばれる認証を入れることです。

WordPress ReCaptcha Integrationは、Googleが提供しているReCaptchaテクノロジーを使って、問い合わせフォームに簡単に認証システムを設定することができます。

WordPressで定番の問い合わせフォームプラグイン「Contact Form 7」をセットで導入しましょう!

WordPress ReCaptcha Integrationのインストールの手順

早速WordPress ReCaptcha IntegrationをWordPressにインストールしましょう。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

まず、「WordPressの管理画面>プラグイン>新規追加」と進みます。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

「プラグインを追加」画面の入力欄に、「WordPress ReCaptcha Integration」を入力して、「ENTERキー」を押します。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

「今すぐインストール」をクリックします。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

「有効化」をクリックすればインストールは終了です。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定の方法

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

「WordPressの管理画面>お問い合わせ>インテグレーション」と進みます。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

ReCaptchaの利用には登録が必要になりため、画面右上部のリンクをクリックして、GoogleのReCaptchaページを表示します。

Google ReCaptchaの登録設定

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

画面上部の「Get ReCaptcha」をクリックします。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

それぞれ入力設定します。

・「Label」には任意の名前を入力
・「Choose the type of ReCaptcha」は「ReCaptcha V2」を選択
・「Domains」には使用するブログのURLのドメインを入力
・チェックボックのすべてをチェック

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

次の画面で、ReCaptchaの設定情報が表示されます。

使用するのは「Adding ReCaptcha to your site」の「Site key」「Secret key」の2つになりますのでコピーをします。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

WordPressに戻り、キーを設定します。

先程コピーした「Site key」をサイトキーに、「Secret key」をシークレットキーに入力して「保存」をクリックすれば完了です。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

「WordPressの管理画面>設定>ReCaptcha」と進みます。

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

WordPress ReCaptcha Integrationの設定は基本デフォルトのままでOKですが、問い合わせフォームの背景色に応じて、ReCaptchaのデザインを「Theme」で変更することができます。

ReCaptchaを問い合わせフォームに設置する

WordPress ReCaptcha Integrationの設定が完了したら、次は問い合わせフォームにReCaptchaを設置します

WordPress ReCaptcha Integrationの設定方法と使い方

予め「Contact Form 7」をインスール・有効化済みであれば、フォーム入力欄に「ReCaptcha」ボタンが追加されます。

ReCaptchaを設置するのは「送信ボタン」の直前は基本ですので、フォーム内の[submit "送信"]の直前に「ReCaptcha」のショートコードをクリックで追加しましょう。

00099

問い合わせフォームを確認して、ReCaptchaが表示されていれば、すべての設定は完了です。

まとめ

海外からの迷惑な問い合わせフォームのほとんどを、ReCaptchaを導入すれば防ぐことができますので、ぜひ問い合わせフォームと同時に設定を済ませてしまいましょう。



無料で学べる!おすすめ情報

ビジネスで稼ぐ秘訣を無料で参加できる限定メール講座で公開中!

-WPプラグイン設定
-

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.