Permalink Redirectの設定方法と使い方-パーマリンク変更後にリダイレクトしてくれるWordPressプラグイン

ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がるWEB情報発信、ブログ×メルマガ×SNS集客の方法を分かりやすく解説しています。

WPプラグイン設定

Permalink Redirectの設定方法と使い方-パーマリンク変更後にリダイレクトしてくれるWordPressプラグイン

投稿日:

Permalink Redirectは、ブログのリニューアルや方向性の変更などで、設定済みの記事のURLを変更したい場合に使うプラグインです。

記事のURLを変更すると、検索エンジンに登録された旧URLではアクセスできない状況を作り出すために、通常はSEO的に良しとされません。

そのため検索エンジンからのアクセスを諦める覚悟がなければ、URLの変更を行うべきではありません。

ですがPermalink Redirectを使うと、検索エンジンに登録された旧URLでアクセスがあった場合、システム側で新URLでアクセスできるように自動リダイレクトしてくれるため、検索エンジンからのアクセスを諦めなくても済みます。

Permalink Redirectのインストールの手順

WordPressのプラグインのインストールは、WordPress管理画面で行うのが普通ですが、Permalink RedirectはWordPressからは直接インストールできないため、専用ダウンロードページからプラグインをダウンロードして、FTPソフトを使ってアップロードする形でインストールをします。

①Permalink Redirectのダウンロード

以下の公式ページからPermalink Redirectをダウンロードします。

Permalink Redirectの公式ダウンロードページ

■メモ
実際にダウンロードして、問題がないことを確認していますので、安心してください!

Permalink Redirectの設定方法と使い方

ダウンロードするのは、

Download: Permalink Redirect Plugin 2.0.5 (PHP, 16.8kb, 2011-04-17)

になります。

クリックしてPCにダウンロードしましょう。

②PHPファイルの修正

ダウンロードしたファイル、『ylsy_permalink_redirect.php』をメモ帳などで開きます。

Permalink Redirectの設定方法と使い方

406行目の

$location, $status=302) {

となっている部分を

$location, $status=301) {

に変更します。

※この変更はPHPファイルで指定された「302リダイレクト」ではなく、「301リダイレクト」にするように変更をしています。

■301リダイレクト
変更前のURLから変更後のURLへ、恒久的にユーザーと検索エンジンを、誘導(転送)するための仕組みになります。

■302リダイレクト
変更前のURLから変更後のURLへ、一時的にユーザーと検索エンジンを、誘導(転送)するための仕組み

③FTPでWordPressにアップロード

修正したファイル『ylsy_permalink_redirect.php』を、WordPressがインストールされているサーバにアップロードします。

ここでは、エックスサーバーでファイルをアップロードする方法をお伝えします。

Permalink Redirectの設定方法と使い方

エックスサーバーのファイルマネージャ

エックスサーバーのファイルマネージャにアクセスして、WordPressがインストールされているドメインに移動します。

アップロード先は、ドメイン直下にWordPressをインストールしている場合は
『/ドメイン/public_html/wp-content』
に移動します。

Permalink Redirectの設定方法と使い方

[ファイルをアップロード]の下にある「ファイルを選択」をクリックします。

Permalink Redirectの設定方法と使い方

PC上の『ylsy_permalink_redirect.php』を選択して「開く」をクリックします。

Permalink Redirectの設定方法と使い方

一覧の「plugins」をチェックして、「アップロード」ボタンをクリックすれば、アップロード完了です。

④プラグインを有効化する

Permalink Redirectの設定方法と使い方

「WordPressの管理画面>プラグイン>インストール済みプラグイン」と進みます。

Permalink Redirectの設定方法と使い方

プラグインの一覧の中から『Permalink Redirect』を探し、「有効化」をクリックします。

以上でプラグインのインストールと有効化は完了です。

Permalink Redirectの設定方法

■ポイント
Permalink Redirectの設定をする前に、「WordPressの管理画面>設定>パーマリンク」で新しいパーマリンクの設定を済ませておきましょう

Permalink Redirectの設定方法と使い方

「WordPressの管理画面>設定>Permalink Redirect」と進みます。

Permalink Redirectの設定方法と使い方

Permalink Redirectの設定画面の、「Old Permalink Structures:」に、旧パーマリンクを入力します。

画面一番下の『Update Options』をクリックして完了です。

まとめ

Permalink Redirectの設定は、初心者には少々ハードルが高いですが、どうしてもURLを変更したいという場合は、Permalink Redirectを使ってリダイレクト処理をするのが、SEOという観点では良いです。

Permalink Redirectの設定が終わったら、検索エンジン経由でのアクセスがうまく処理できているか、必ずチェックしましょう。

【無料メール講座】

『ブログ✕メルマガ』で自動集客装置を作って、 月100万円以上を安定して稼ぐ秘密とは?

パソコンが苦手な初心者でも 6ヶ月で100万円をビジネスで安定して稼げるようになる方法を メール講座で無料公開しています。

無料プレゼントを受け取る

無料で稼げるノウハウをGET!

期間限定で稼げるノウハウ動画をプレゼント!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-WPプラグイン設定
-

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.