Revision Controlの設定方法と使い方-Wordpress記事のリビジョン数を制御できるプラグイン - ロケットファクトリー

ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がるWEB情報発信、ブログ×メルマガ×SNS集客の方法を分かりやすく解説しています。

WPプラグイン設定

Revision Controlの設定方法と使い方-WordPress記事のリビジョン数を制御できるプラグイン

投稿日:

WordPressはブログを書くためのいろいろな機能が標準で搭載されています。

その中でも記事の履歴を自動的に保存してくれる機能は、誤って記事の一部を消してしまったり、修正を間違えた場合に元に戻せるので便利です。

ただWordPressの標準機能のままでは全履歴を残そうとするため、長くWordPressを運営していると余計な履歴が増えてデータベースを圧迫してしまいます。

そこで履歴管理をコントロールできるようにしてくれるのが、プラグインのRevision Controlです。

Revision Controlのインストールの手順

早速Revision ControlをWordPressにインストールしましょう。

Revision Controlの設定方法と使い方

まず、「WordPressの管理画面>プラグイン>新規追加」と進みます。

Revision Controlの設定方法と使い方

「プラグインを追加」画面の入力欄に、「Revision Control」を入力して、「ENTERキー」を押します。

Revision Controlの設定方法と使い方

「今すぐインストール」をクリックします。

Revision Controlの設定方法と使い方

「有効化」をクリックします。

これでインストールは終了です。

Revision Controlの設定の方法

Revision Controlの設定方法と使い方

「WordPressの管理画面>設定>リビジョン」と進みます。

Revision Controlの設定方法と使い方

Revision Controlの管理画面は、「投稿」「固定ページ」「カスタムCSS」の3タイプの履歴をどこまで残すのかを設定するだけなので、極めてシンプルです。

インストールして有効にした状態では、WordPressのデフォルトである「リビジョン最大保存数:無制限」に設定されています。

各項目はプルダウンで、以下のいずれかに設定できます。

・「投稿リビジョンを保存しない」
・「リビジョン最大保存数:2」
・「リビジョン最大保存数:3」
・「リビジョン最大保存数:4」
・「リビジョン最大保存数:5」
・「リビジョン最大保存数:10」
・「リビジョン最大保存数:20」
・「リビジョン最大保存数:50」
・「リビジョン最大保存数:100」

オススメは「リビジョン最大保存数:5」です。

「変更を保存」をクリックすれば完了です。

※基本的に余程のことがないない限り、Revision Controlの設定を変更する必要はありません。

まとめ

リビジョンはとにかくデータ容量を食うため、できるだけ余計な履歴を残さないようにすることが重要です。

WordPressの丸ごとバックアプや、サーバー移転の際に、データ容量が少ないと手間がかからず楽ですので、WordPressをインストールした直後に、Revision Controlをインストールしておきましょう。

【無料メール講座】

『ブログ✕メルマガ』で自動集客装置を作って、 月100万円以上を安定して稼ぐ秘密とは?

パソコンが苦手な初心者でも 6ヶ月で100万円をビジネスで安定して稼げるようになる方法を メール講座で無料公開しています。

無料プレゼントを受け取る

無料で稼げるノウハウをGET!

期間限定で稼げるノウハウ動画をプレゼント!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-WPプラグイン設定
-

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.