ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる起業・副業ノウハウ、ブログ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法をわかりやすく具体的に解説しています。

WPプラグイン設定

Revision Controlの設定方法と使い方-WordPress記事のリビジョン数を制御できるプラグイン

投稿日:

WordPressはブログを書くためのいろいろな機能が標準で搭載されています。

その中でも記事の履歴を自動的に保存してくれる機能は、誤って記事の一部を消してしまったり、修正を間違えた場合に元に戻せるので便利です。

ただWordPressの標準機能のままでは全履歴を残そうとするため、長くWordPressを運営していると余計な履歴が増えてデータベースを圧迫してしまいます。

そこで履歴管理をコントロールできるようにしてくれるのが、プラグインのRevision Controlです。

Revision Controlのインストールの手順

早速Revision ControlをWordPressにインストールしましょう。

Revision Controlの設定方法と使い方

まず、「WordPressの管理画面>プラグイン>新規追加」と進みます。

Revision Controlの設定方法と使い方

「プラグインを追加」画面の入力欄に、「Revision Control」を入力して、「ENTERキー」を押します。

Revision Controlの設定方法と使い方

「今すぐインストール」をクリックします。

Revision Controlの設定方法と使い方

「有効化」をクリックします。

これでインストールは終了です。

Revision Controlの設定の方法

Revision Controlの設定方法と使い方

「WordPressの管理画面>設定>リビジョン」と進みます。

Revision Controlの設定方法と使い方

Revision Controlの管理画面は、「投稿」「固定ページ」「カスタムCSS」の3タイプの履歴をどこまで残すのかを設定するだけなので、極めてシンプルです。

インストールして有効にした状態では、WordPressのデフォルトである「リビジョン最大保存数:無制限」に設定されています。

各項目はプルダウンで、以下のいずれかに設定できます。

・「投稿リビジョンを保存しない」
・「リビジョン最大保存数:2」
・「リビジョン最大保存数:3」
・「リビジョン最大保存数:4」
・「リビジョン最大保存数:5」
・「リビジョン最大保存数:10」
・「リビジョン最大保存数:20」
・「リビジョン最大保存数:50」
・「リビジョン最大保存数:100」

オススメは「リビジョン最大保存数:5」です。

「変更を保存」をクリックすれば完了です。

※基本的に余程のことがないない限り、Revision Controlの設定を変更する必要はありません。

まとめ

リビジョンはとにかくデータ容量を食うため、できるだけ余計な履歴を残さないようにすることが重要です。

WordPressの丸ごとバックアプや、サーバー移転の際に、データ容量が少ないと手間がかからず楽ですので、WordPressをインストールした直後に、Revision Controlをインストールしておきましょう。

-WPプラグイン設定
-

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.