ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる情報発信ビジネスのノウハウ、ブログ×メルマガ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法を分かりやすく解説しています。

個人事業の始め方

個人事業主が選ぶべき会計ソフトMFクラウド

投稿日:

個人事業主を悩ますのが、1年に1回やってくる確定申告です。

サラリーマンであれば、年末が近づくと生命保険の控除額などを年末調整で申請すれば、後は会社が勝手にやってくれて手間いらずですが、個人事業主の場合は売上や経費の計上などやることが満載です。

ただでさえ自分のビジネスの運営で忙しいのに、確定申告のための書類作りしないといけないとなると大変です。

それならばと、税理士さんを雇って全ての帳簿付けを代行してやってもらうこともできますが、月額顧問料がかかります。

起業初年度なので税理士さんを雇うほど余裕はないし、かと言って面倒なことは避けたい、、、そんな個人事業主の味方になってくれるのが会計ソフトです!

会計ソフトの中でも、特にオススメなのが月額800円で使えるMFクラウド確定申告です!

MFクラウドのメリット①コストが安い

税理士さんを雇う場合に必要になるのが顧問料です。

最近では税理士さんも価格競争時代に突入しているようで、顧問料を月5,000円台からと安くしているところもあります。

ただ、顧問料だけで手間のかかる帳簿付けなどの経理代行までやってもらえるわけはなく、あくまでも何かあった時のホットラインに過ぎません。

経理代行を入れると、月額50仕訳で20,000円程度になってしまうので、年間240,000円もの固定費がかかる計算になります。

MFクラウドは、自分で帳簿付けを簡単にできる便利な機能が揃っているうえに、月額800円(年払いなら8,800円で済みます)で使うことができますし、確定申告もいくつの操作をするだけで、税務署へ提出できる書類を作成することができます。

MFクラウドのメリット②自動化サービスが超充実

NewImage

確定申告で面倒なことが、帳簿付けの作業!

特に領収書やレシートを、1件1件入力していく作業は苦痛を伴います。

そんな苦痛を軽減してくれるのが、MFクラウドの大きな強みの1つである自動連携機能です。

銀行、クレジットカード、電子マネー・プリペイドカード、通販サイトなどと自動連携して、取引のデータを取り込むことができるのです。

MFクラウドで連携できるサービスは3,634件!電子マネーであればedy、waon、コンビニのnanacoやponta、交通系ならsuicaなど、通販サイトならAmazonや楽天など、備品などの購入で使っているサービスがあれば、帳簿付けが楽になります。

NewImage

さらに連携したデータを自動で仕訳してくれるので、作業が劇的に効率化できます。

MFクラウドのメリット③パソコン・タブレット・スマホで使える

OSを選ぶ会計ソフトがある一方、MFクラウドはWindowsとMacの両OSに対応しているので安心です。

さらにiPhone、iPadやAndroidなどのスマートフォン・タブレットでもデータの確認ができるなど、マルチプラットフォームに対応しています。

MFクラウドのメリット④クラウドなのでパソコンが故障しても安心

MFクラウドは、ソフトをパソコンなどにインストールするのではなく、ブラウザ上で操作できるソフトになります。

しかも、帳簿付けしたデータはMFクラウドが預かってくれるので、パソコンが故障してデータが消える心配、パソコンの買い替えでデータを移行したりする必要がありません。

しかもデータのバックアップを3重にするなど、データ保存やセキュリティ体制も万全な点も心強いです。

MFクラウドのメリット⑤サポート体制が充実

全プラン共通のメールサポートの他に、チャットサポートや電話サポートなど、分からないことを親切に教えてくれるサポート体制が整っているので安心です。

気になるfreeeとの違い

MFクラウドと同じく、クラウドを売りにしている会計ソフトがfreeeです。

FreeeとMFクラウドを比較すると、機能面ではほぼ同じですが、気になるのが料金です。

MFクラウドの料金

スクリーンショット 2018 02 13 19 45 45

freeeの料金

スクリーンショット 2018 02 13 19 47 03

ネットビジネスやコンサルのようなビジネスであれば、MFクラウドはベーシックプラン、freeeであればスタータープランで十分なのですが、月払いで100円、年払い1,000円の差が出てしまいます。

コスト面で考えれば、MFクラウドの勝利です!

まとめ

確定申告の前になって慌てて会計ソフトを導入するよりも、起業スタート時から導入したほうが良い理由があります。

まずは毎月売上や経費を会計ソフトに入力することで、月ごとの推移を把握することができますし、お金の流れであるキャッシュフローも把握できます。

個人事業主といえでも、立派な経営者ですが、健全なビジネス運営をする義務があります。

MFクラウドは毎月のコストも安く済むうえに、経理や確定申告の手間を大きく削減できるスグレモノですので、ぜひ導入されることをおすすめします!

MFクラウドの詳細を見てみる



無料で学べる!おすすめ情報

ビジネスで稼ぐ秘訣を無料で参加できる限定メール講座で公開中!

-個人事業の始め方
-

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.