ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる起業・副業ノウハウ、ブログ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法をわかりやすく具体的に解説しています。

WPプラグイン設定

BackWPupの設定と使い方-WordPressのバックアップをDropboxに保存できるプラグイン

投稿日:

WordPressのファイルやデータベースを、無料でバックアップできるプラグインが、BackWPupです。

BackWPupは決められた時間に自動でバックアップを実行してくれる他、無料版ではDropBoxにデータを保存してくれる機能も付いています。

設定だけしてしまえば、あとはプラグインに任せるだけでOKですので、ぜひ導入しましょう!

BackWPupのインストールの手順

BackWPupの設定方法と使い方

「WordPressの管理画面>プラグイン>新規追加」と進みます。

BackWPupの設定方法と使い方

「プラグインを追加」画面の入力欄に、「BackWPup」を入力して、「ENTERキー」を押します。

BackWPupの設定方法と使い方

「今すぐインストール」をクリックします。

BackWPupの設定方法と使い方

「有効化」をクリックします。

これでインストールは終了です。

BackWPupの設定の方法

BackWPupの設定方法と使い方

「WordPressの管理画面>BackWPup>ダッシュボード」と進みます。

BackWPupのジョブ作成

BackWPupの設定方法と使い方

BackWPupでは、一連のバックアップを「ジョブ」と読んでいます。

BackWPupではジョブを、「ファイルだけバックアップ」「データベースだけバックアップ」「全部まとめてバックアップ」などのように、細かく設定することができます。

ここでは標準的な「ファイルとデータベースを週1回自動実行して、DropBoxに保存する」ジョブを作成する流れをお伝えします。

BackWPupのジョブ作成・一般

Bk0001

①このジョブの名前
ジョブに分かりやすいように、任意の名前を付けます。

②このジョブは...

ジョブの役割を次の中から選ぶことができます。

・データベースのバックアップ
・ファイルのバックアップ
・WordPressのXMLエクスポート
・インストール済みのプラグイン一覧
・データベーステーブルをチェック

ここでは

・データベースのバックアップ
・ファイルのバックアップ
・インストール済みのプラグイン一覧

を選択します。

③バックアップファイルの保存方法

バックアップファイルをどこに保存するかを選ぶことができます。

ここではDropBoxにバックアップを選びます。

フォルダーへバックアップを保存すると、WordPressをインストールしているサーバー上にフォルダに保存することができます。

※バックアップファイルの形式選択

バックアップファイルの形式は、ファイルサイズを圧縮してくれる「Tar GZip」を必ず選択しましょう。

BackWPupのジョブ作成・スケジュール

BackWPupの設定方法と使い方

BackWPupのジョブを実行するタイミングを設定します。

④ジョブの開始方法

デフォルトでは「手動」になっていますので、「WordPressのcron」を選択します。

⑤実行時間をスケジュール

実行は週1回の任意の曜日、ブログへのアクセスが相対的に少なくなる2:00〜5:00の時間帯がオススメです。

BackWPupのジョブ作成・DBバックアップ

BackWPupの設定方法と使い方

データベースのバックアップ範囲の詳細を設定します。

⑥バックアップファイルの圧縮
デフォルトでは「なし」になっていますので、「GZip」を選択します。

BackWPupのジョブ作成・ファイルバックアップ

BackWPupの設定方法と使い方

WordPressのファイルのバックアップ範囲の詳細を設定します。

⑦WordPressをインストールしたフォルダーをバックアップ

デフォルトのままでOKです。

⑧コンテンツフォルダーをバックアップ

デフォルトのままでOKです。

⑨プラグインのバックアップ

除外で「backwpup」を設定する以外は、デフォルトのままでOKです。

⑩テーマのバックアップ

デフォルトのままでOKです。

⑪uploads フォルダーをバックアップ

デフォルトのままでOKです。

BackWPupのジョブ作成・プラグインバックアップ

BackWPupの設定方法と使い方

インストールされているプラグインのバックアップを設定します。

⑫ファイルの圧縮

デフォルトでは「なし」になっていますので、「GZip」を選択します。

BackWPupのジョブ作成・宛先:DropBox①

BackWPupの設定方法と使い方

バックアップファイルを保存するDropBoxに関する設定を行います。

⑬認証

DropBoxのアカウント登録を済ませた上で、「アカウントを作成」をクリックします。

BackWPupのジョブ作成・DropBox認証

BackWPupの設定方法と使い方

DropBoxの画面が表示され、DropBoxのフォルダにアクセスする権限リクエストを行います。「許可」をクリックします。

BackWPupのジョブ作成・DropBox認証コード表示

BackWPupの設定方法と使い方

画面に認証コードが表示されますので、コピーします。

BackWPupのジョブ作成・宛先:DropBox②

BackWPupの設定方法と使い方

⑭DropBoxのアプリへのアクセス

コピーしたコードを貼り付けます。

以上で、BackWPupのジョブ設定はすべて終了です。

BackWPupのジョブ実行

ここまででBackWPupのジョブの自動実行の設定が終わっていますので、時間になれば動作しますが、念のためにエラーや警告が出ないか、手動でバックアップを実行して確認します。

BackWPupの設定方法と使い方

BackWPupのダッシュボードで「作成したジョブを実行」をクリックします。

BackWPupの設定方法と使い方

ジョブ一覧画面に遷移しますので、ジョブを指定して「今すぐ実行」をクリックします。

BackWPupの設定方法と使い方

警告やエラーがなくジョブが終了すれば、すべての準備が完了です。

あとのバックアップは自動実行に任せればOKをです。

まとめ

BackWPupはバックアップできるだけではなく、元に戻す「復元」も行うことができますので安心です。

WordPressは比較的安定したシステムではありますが、何かの拍子でおかしくなることもゼロではありませんので、もしものためにBackWPupを設定しておきましょう。

-WPプラグイン設定
-

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.