ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる情報発信ビジネスのノウハウ、ブログ×メルマガ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法を分かりやすく解説しています。

ブログ

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

投稿日:

WEBサイトをスタート当初は、検索エンジンのデータベースにWEBサイトの情報登録(=インデックス)がされていないことがあり、その間のアクセスは期待できません。

そこで検索エンジンのデータベース登録のために、世界中のWEBサイトを巡回しているクローラーを呼び込む「Fetch as Google」操作をして、インデックスを促しましょう。

この記事では、Googleサーチコンソールで「Fetch as Google」の操作方法と、インデックス依頼に関連がある「Googleインデックス」「クロール」画面の説明も併せて紹介します。

WEBサイトをインデックスさせる方法

Googleサーチコンソールにログイン

まだGoogleサーチコンソールの登録設定が終わっていない場合には、先に登録を済ませて基本設定を済ませておきましょう。

「Fetch as Google」の方法

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

Googleサーチコンソールにログインしたら、左メニューから『クロール>Fetch as Google』クリックして、Googleへインデックス依頼ができる「Fetch as Google」の画面へ進みます。

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

「Fetch as Google」には

・WEBサイトTOPページ
・WEBサイト内の任意のページ

2種類のインデックス依頼ができます。

WEBサイトTOPページのインデックス

入力欄には何も入力せず、プルダウンで「PC」か「モバイル:スマートフォン」を選択して、「取得」ボタンをクリックします。

WEBサイト内の任意のページ

入力欄にはインデックスさせたいページのURLを入力して、プルダウンで「PC」か「モバイル」を選択して、「取得」ボタンをクリックします。

■ポイント
Googleの検索結果はPC向けとモバイル向けで異なっているため、プルダウンでは「PC」「モバイル:スマートフォン」それぞれを選択してインデックス依頼をします。

送信方法の選択

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

インデックス依頼の範囲を選択したら、「送信」ボタンを押します。

■このURLのみクロールする

指定したURLのみのインデックスを依頼します。

■このURLと直接リンクをクロールする

指定したURL、そして指定したURLからリンクが張られたページも含めたインデックス依頼をします。

■ポイント
「この URLのみをクロールする」は 1日あたり10件まで、「このURLと直接リンクをクロールする」は1日あたり2件までの制限があります。

インデックスを依頼

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

前画面で「送信」を押しただけでは、インデックス依頼できません。

「Fetch as Google」の画面にて、必ず「インデックス登録をリクエスト」ボタンを押します。

「Fetch as Google」は毎日すべきか?

「Fetch as Google」はクローラーに、WEBサイトを巡回するように依頼するものであり、検索結果で上位されるために行う操作ではありません。

基本的にサイトマップの登録が済んでいれば、定期的にクローラーはやって来てくれますので、「Fetch as Google」はWEBサイトをスタートした当初でクローラーが巡回してくれていない期間(1週間ほど)、もしくは更新が滞っていたWEBサイトに記事を久々に投入した際などに行うべきで、毎日実行するものではありません。

Googleサーチコンソール「クロール」画面

WEBサイトに対するクローラーの情報を見ることができます。

クロールエラー

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

クローラーがWEBサイトで検出したエラー件数と、詳細を確認することができます。

クロールの統計情報

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

WEBサイトを訪れたクローラーが、巡回したページ数を確認することができます。

■ポイント
「1日あたりのクロールされたページ数」が0件の場合、クローラーが訪れていないか、登録したサイトマップが認識されていない可能性があります。

サイトマップ

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

サイトマップで送信したページ数、Googleにインデックスされたページ数を確認することができます。

Googleサーチコンソール「Googleインデックス」画面

インデックスステータス

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

WEBサイトのページのGoogleへのインデックス数の推移を、確認することができます。

ページを追加していれば、基本的に右肩上がりになります。

ブロックされたリソース

49

WEBサイトのページの中で、Googleへのインデックスがブロックされたページを確認することができます。

URLの削除

Fetch as Googleを使って記事を即インデックスさせる方法

WEBサイトのページの中で、検索結果から削除したものがある場合、ここからGoogleへの削除を依頼をします

まとめ

「Fetch as Google」を毎日依頼したとしても、Googleでペナルティになることはありません。

だからといって毎日依頼しても、検索結果の上位表示が約束されるわけではありませんので、たまに行う程度にしましょう。



無料で学べる!おすすめ情報

ビジネスで稼ぐ秘訣を無料で参加できる限定メール講座で公開中!

-ブログ

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.