URL検査ツール(旧Fetch as Google)を使って記事を即インデックスさせる方法

ブログ

URL検査ツール(旧Fetch as Google)を使って記事を即インデックスさせる方法

URL検査ツール(旧Fetch as Google)で記事を即インデックスさせる方法

WEBサイトをスタート当初は、検索エンジンのデータベースにWEBサイトの情報登録(=インデックス)がされていないことがあり、その間のアクセスは期待できません。

そこで検索エンジンのデータベース登録のために、世界中のWEBサイトを巡回しているクローラーを呼び込む操作をして、インデックスを促しましょう!

そのために使うツールがGoogleサーチコンソールで提供されている「URL検査ツール」(旧Fetch as Google)になります。

WEBサイトをインデックスさせる方法

Googleサーチコンソールにログイン

まだGoogleサーチコンソールの登録設定が終わっていない場合には、先に登録を済ませて基本設定を済ませておきましょう。

新しいGoogleサーチコンソールの登録設定方法
新しいGoogleサーチコンソールの登録設定方法

自分のWEBサイト・ブログの検索結果順位、検索キーワード、インデックス状況を確認するためのツールであるGoogleサーチコンソール(Search Console)が、2018年夏に画面デザインと機能を ...

続きを見る

URL検査の方法

URL検査の方法

Googleサーチコンソールにログインしたら、左メニューから『URL検査』クリックします

URL検査の方法

Googleサーチコンソールの上部にある入力欄にカーソルが移動しますので、ここにインデックスさせたいWEBサイトのURLを入力して、エンターキーを押します。

URL検査ツールの実行中画像

インデックスが終了するまでしばらく待ちます。

URL検査の方法

インデックスが完了すると、「URL は Google に登録されています」と画面に表示されます。

もし、もう一度インデックス操作をやり直したい場合は、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

まとめ

基本的にURL検査ツールを実行するのはWordPressをインストール設定して記事を最初に投稿タイミングの1回だけで、それ以後はWordPressに大きな変更や記事や固定ページの変更があった場合となります。

毎日URL検査ツールを実行しても、検索結果の上位表示が約束されるわけではありませんので、注意するようにしましょう。


無料で参加できるオンライン講座

有料級のビジネスマニュアルが手に入る!

無料で稼げるノウハウをGET!

期間限定で稼げるノウハウ動画をプレゼント!



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

© 2020 ロケットファクトリー