ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる起業・副業ノウハウ、ブログ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法をわかりやすく具体的に解説しています。

売れる商品・サービスの作り方

ビジネスモデル構築に必要な発想力を磨く3つの方法

投稿日:

Beth concepting ideas for the Health Axioms by Juhan Sonin

ビジネスモデルの構築は収益にダイレクトに直結します。その発想が特徴的で、今までになく便利なものであれば、より利益を上げることができます。

実はビジネスモデル構築に必要な発想力を身につけることは努力や習慣次第で十分可能なことをご存知でしょうか?

そこで今回はビジネスモデル構築に必要な発想力を磨く3つの方法をご紹介します。

ビジネスモデル構築に必要な発想力を磨く3つの方法

方法1.PDCAサイクルを習慣にする

どんなビジネスモデルを構築したとしても、一度で成功する人は稀です。

まず、どんなビジネスで収益を上げるか計画を立て、実際にそれを実行して、上手くいったのであれば、どうして上手くいったのかを分析し、上手くいかなかったら別の新たなビジネスモデルに修正する。
このようなことを成功者は自然と行い、その習慣が新たなビジネスモデルを構築する発想力を磨くことにつながっているのです。この一連の流れをPDCAサイクルと言います。

PDCAサイクル
P・・Plan
目標を設定し、それを具体的な行動計画に落とし込むこと
D・・Do
目標に基づき具体的な行動をすること
C・・Check
途中で成果を測定・評価すること
A・・Act
必要に応じて修正を加えること

ビジネスモデルの企画をたて、実行し、反省し、それを改善する、このPDCAサイクルを常日頃から習慣にすると、より良いビジネスモデルを構築するために必要な発想力が向上するはずです。

方法2.異なる分野のキーワードを組み合わせる癖をつける

異なる分野のキーワードを組み合わせると驚くようなビジネスモデルを生み出すことができます。例えば今や誰もが知っているマンガ喫茶です。

喫茶店は昔からたくさんありましたが、いつのまにかマンガを読むための喫茶店が登場し、その便利さから、今では多くの人が利用しています。このように異なる分野の言葉を組み合わせると新たな発想を生みやすいと言えます。

新たなビジネスモデルを生み出す発想力を磨くために、普段から異なる分野の言葉と言葉を組み合わせる癖をつけると良いでしょう。

方法3.情報媒体を増やす

発想には何が必要でしょうか?

それは情報です。用語や公式を覚えていなければ解けない問題があるように、何にもない頭の中から発想は浮かび上がってくるはずはありません。

そのため、情報を収集するための情報媒体の数をできる限り増やしましょう。

ビジネスについての発想力を磨く場合、情報収集する媒体はテレビやインターネットでも良いのですが、経済情報に精通した新聞が最も効果的です。

さて、『ビジネスモデル構築に必要な発想力を磨く3つの方法』はいかがでしたか?

ビジネスモデルを構築するためには発想力が鍵です。今回紹介した方法をもとに、どんどん独創的なアイデアを出せるように、あなたの発想力をさらに磨いてみてくださいね!


-売れる商品・サービスの作り方

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.