ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる起業・副業ノウハウ、ブログ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法をわかりやすく具体的に解説しています。

ブログ

検索結果で上位表示を狙うための超キーワード戦略

投稿日:

WEBサイトへのアクセスを増やすための基本中の基本、それが記事のためのキーワード選びになります。

キーワード選びが上手くいけば、順調にアクセスを集めることができますが、失敗してしまえばアクセス数を集めることはできません。

そこで今回は、キーワードを調べるのに役に立つツールと、アフィリエイターがやっているキーワード選びのコツについてお伝えします。

ビック・ミドル・ロングテールキーワードとは

キーワード攻略するためには、まずはSEO的な視点でキーワードとは何かを押さえておく必要があります。

SEO的には、キーワードは検索数の応じて3つの種類に分けることができます。

3種類のSEOキーワード

ビッグキーワード(検索数が月間30,000回以上)

ビックキーワードは、「ダイエット」「ニキビ」「転職」「FX」「クレジットカード」のような、検索ニーズが高く、競合サイトの数が多く、かつ強いキーワードのことです。

ミドルキーワード(検索数が月間1,000〜30,000回)

ミドルキーワードは、「ダイエット りんご」「ニキビ 30代」「転職 大阪」のように、ビックキーワードに比べて検索ニーズが絞らているため、競合サイトが若干少ないキーワードのことです。

ロングテールキーワード(スモールキーワード)(検索数が月間1,000未満)

ロングテールキーワードは、「ダイエット りんご 効果」「ニキビ 30代 サプリメント」「転職 大阪 IT」のように、ミドルキーワードをさらに絞り込んだもので、競合サイトが比較的に少ないキーワードのことです。

■実際のキーワードで見た検索数
・「ダイエット」:740,700
・「ダイエット 方法」:66,600
・「ダイエット 方法 簡単」:969
・「ダイエット 方法 短期間」:122

このデータから、「ダイエット」と「ダイエット 方法」はビックキーワード、「ダイエット 方法 簡単」はミドルキーワード、「ダイエット 方法 短期間」はロングテールキーワードになります。

仮にあなたの作った「ダイエット」に関する記事が検索結果で1位になれたとすれば、膨大なアクセスが集まり、多額の収益を上げることができます。

ただ、ビッグキーワードを狙うライバルは、アフィリエイターの中でも別格のスーパーアフィリエイター、そして大手企業などであり、まともに戦っても勝てるはずがありません。

そこで狙うべきなのがズバリ、検索数が少ないロングテールキーワードなのです!

もしキーワード選びでビックキーワードを追っていたのであれば、即戦略をロングテールキーワードに変更すべきです。

ロングテールキーワードの攻略方法

ロングテールキーワードを狙うべきではあるものの、メリット・デメリットがあることを先に押さえておく必要があります。

ロングテールキーワードを使って記事を作るメリット

ライバルの数が少ない

絞り込んでいるキーワードのため、ビッグキーワードやミドルキーワードに比べて、競合サイトであるライバルの数が相対的に少なくなります(=検索結果上位になりやすい)。

成約率が高い

「ダイエット」というキーワードだけで検索するよりも、「ダイエット 方法 短期間」のような複合キーワード語を使って検索したほうが、より絞り込まれた情報が検索結果で表示されることをユーザーは知っています。

つまりビックキーワードよりも、ロングテールキーワードを狙った記事のほうが、コンバージョン率(成約率、問い合わせ率のこと)が出せる可能性が高いとことになります。

ビックキーワードに負けないアクセスを集めることも十分可能

記事へのアクセス数の、実に80%はロングテールキーワードから生まれていると言われています。

ロングテールキーワードで狙った複数の記事を用意することで、ビックキーワードを狙うよりもアクセスを集めることができるのです。

ロングテールキーワードを使って記事を作るデメリット

記事数がある程度必要

アクセス数が伸ばすためには、ある程度の数の記事を用意する必要があります。

稼げるようになるまで時間がかかる

記事を用意するのに時間がかかれば、実査に稼ぐまでに時間を要することになります。

ビックキーワードやミドルキーワードに比べれば、1つの1つのロングテールキーワードの検索数は少ないものです。

そんなロングテールキーワードを拾ってアクセスを集めるためには、ある程度の記事数がどうしても必要になります。

キーワードを探す方法

実際にGoogleやYahooなどの検索エンジンで、キーワードあたり検索数がどれくらいあるのかを知っておかないと、キーワードを選ぶことができません。

そこで無料で使えるキーワードツールをご紹介します。

キーワードプランナー

検索結果で上位表示を狙うための超キーワード戦略

キーワードプランナー

キーワードプランナーは、Google Adwords向けの ツール、つまりGoogleに広告を出したい企業や個人が本来は利用するツールです。

そのキーワードプランナーを、広告を出さなくても無料で利用することができます。

以前はキーワードごとの月間検索数を誰でも見ることができましたが、現在はざっくりしたした範囲の数字(10万〜100万、1万〜10万など)でしか把握することはできません。

ただ、ビックキーワード、ミドルキーワード、ロングテールキーワードの3種類の区別は少なくともつくので、キーワード選定には欠かせないツールです。

■注意点
キーワードプランナーを利用する前に、Google Adwordsへの登録が必要です。

goodkeyword

検索結果で上位表示を狙うための超キーワード戦略

goodkeyword

goodkeywordは、キーワードに対する関連キーワードを調べることができる無料ツールなります。

「ダイエット」というキーワードに対して、「ダイエット サプリ」「ダイエット 筋トレ」のようなものが関連キーワードになります。

goodkeywordは、調べた「ダイエット 筋トレ」のような関連キーワードの、さらなる関連キーワードも簡単に調べることができるので、アフィリエイター御用達の使えるツールになります。

aramakijake.jp

検索結果で上位表示を狙うための超キーワード戦略

aramakijake.jp

aramakijake.jpは、入力したキーワードのGoogleとYahooでの推定月間検索数を調べることができます。

キーワードプランナーではざっくりした月間検索数しか調べることができませんが、aramakijake.jpは推定ながら細かい月間検索数を調べることができます。

ただし、調べることができるのは月間検索数にして1,000以上のミドルキーワードで、ロングテールキーワードは事実上調べることができません。

Googleトレンド

検索結果で上位表示を狙うための超キーワード戦略

Googleトレンド

Googleトレンドは、直近の検索数が増大しているキーワードを調べることができる無料ツールになります。

旬なネタを調べるには打ってつけのツールになりますので、キーワードをGoogleトレンドで探して、アクセスうはキーワードプランナーで調べるような使い方もあります。

まとめ

ビックキーワード、ミドルキーワード、ロングテールキーワードの概念を理解でき、そしてキーワードを調べるツールを使うことができて初めて、記事のためのキーワードの選定を始めることができます。

初心者にありがちなのが、自分勝手な思い込みでキーワードを想定して、ブログを書き始めたりすることです。

何時間もかけて書いた記事が素晴らしいものだったとしても、検索需要がなければ意味がありません。

好き勝手なことを記事に書いて公開するだけのブログ運営なら良いですが、アフィリエイトや資料請求やメルマガ登録などの目的があって記事を書くのであれば、キーワード選定はきちんとやりましょう!

-ブログ

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.