ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる起業・副業ノウハウ、ブログ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法をわかりやすく具体的に解説しています。

ブログ

Googleアドセンス審査を1発でパスするためのポイント10

投稿日:

数あるクリック報酬型アフィリエイトの中でも、最大にして最強なのがGoogleアドセンスです。

その理由は断トツの収益率の高さ、そして月末締め翌月20日過ぎには報酬が得られる支払いのスピーディーさです。

ただ近年アドセンスを始めようとする参入者が急増したため、Googleがアドセンスの審査を厳しくして敷居を上げてきています。

昔なら中身が薄い記事を数記事公開しただけのブログでも余裕で審査合格していましたが、現在はそうそう甘くはありません。

アドセンス審査合格の秘訣は、読者にとって良質な記事を用意すること、そして継続してサイトを運営していく姿勢を見せることです。

そこで今回は、Googleアドセンス審査をパスするための準備などを含めたポイントをお伝えします。

設定編

Googleアドセンス審査用のブログを用意します。

無料ブログを使う手もありますが、本気でGoogleアドセンスで稼ぐ気があるのであれば、最初から独自ドメインとレンタルサーバーを用意しましょう。

審査用のブログのためのドメインであれば、適当な名前は好きなもので構いません。

ただ審査用のブログを、長く運営するつもりであれば、こだわった名前のドメインにしましょう。 独自ドメインの取得は、お名前.comがおススメです。

お名前.com

そしてレンタルサーバーは月100円から借りられる格安のものもありますが、パフォーマンスとコスト天秤にかけた場合、月1,000円台のものを用意するのをオススメします。

Googleアドセンスで稼げるようになれば、月1,000円台のコストは大した問題になりません。

レンタルサーバーの中では、WordPressのインストールが簡単なエックスサーバーがおススメです。

エックスサーバーにはいくつかプランがありますが、最初はX10プランで十分です。

エックスサーバー

ポイント① 常時SSL対応をする

レンタルサーバーで独自ドメインを設定する際に、最初にやっておきたいのが常時SSL対応です。

常時SSL対応は、サイト全体を「https(暗号化通信)」にしておくで、第三者の手によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができ、セキュリティが高くなります。

Google Chromeで「http」のままでアクセスすると「このサイトへの接続は保護されていません」と警告文が表示されます。

エックスサーバー独自ドメインを登録設定するときに、「https(暗号化通信)」対応が簡単にできるため、ぜひ最初に設定をしてしまいましょう。

準備編

独自ドメインとレンタルサーバーが用意して、WordPressのインストールができれば、あとは記事書けばOK、、、と行きたいところですが、Googleアドセンスの審査のためには、まだやることがありますが、

ポイント② 禁止コンテンツをブログに書かない

Googleアドセンスの審査用のブログとは言え、一応ブログのコンセプトは決めておき、関連のある記事を書くようにしましょう。

そして是非押さえておいていただきたいのが、Googleアドセンスで禁止されていることを書かないことです!

Googleアドセンスはクリック報酬型のアフィリエイトで、アドセンスタグを貼り付ければGoogle側で自動的に広告を選んで表示してくれる仕組みになっています。

広告主を守るという観点から、次のようなコンテンツが書かれたWEBサイト・ブログにはアドセンスタグを貼ることができません。

Googleアドセンスの審査時にコンテンツの内容もチェックされますので、該当する禁止コンテンツがあるだけで審査は即不合格になります。

・アダルト コンテンツ
・危険または中傷的なコンテンツ
・危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
・アルコールに関連したコンテンツ
・タバコに関連したコンテンツ
・ヘルスケアに関連したコンテンツ
・ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
・報酬プログラムを提供するページ
・不適切な表示に関連するコンテンツ
・衝撃的なコンテンツ
・武器および兵器に関連するコンテンツ
・不正行為を助長するコンテンツ
・違法なコンテンツ
禁止コンテンツ>AdSense コンテンツ ポリシーの詳細

禁止コンテンツはGoogleアドセンス審査申請の前の段階で、必ずチェックするようにしましょう。

ポイント③ 記事ごとにカテゴリーを作る

WordPressはカテゴリーがデフォルトで「未分類」になっています。

オリジナルのカテゴリーを設定せずに記事を投稿すれば、全ての記事が「未分類」に含まれる形になります。

記事にあったカテゴリーを最初に作っておくようにしましょう。

ポイント④ 記事の文字数は1,500文字以上書く

Googleが重視しているのは、

・「このブログは読者にとって良い記事があるのか」
・「このブログは広告主の広告を掲載する価値があるのか」

突き詰めれば、この2点です。 Googleアドセンス審査において、記事は何文字以上ないといけない、ということは決まってはいませんが、最低でも1,500文字以上の文字数がないと、中身が充実した記事にはなりません。

ポイント⑤ 記事数は30記事は事前に用意する

文字数とともにGoogleアドセンスの審査合否で話題になるのが、審査時点での記事数です。

「数記事で合格した」という人もいれば、「50記事あるのに不合格だった」という人もいるので、一体何が正解なのか、これからGoogleアドセンス審査を受ける人は気になる点です。

実際に私がコンサルして合格したクライアントさんの傾向を見るに、最初に30記事は用意しておいたほうが良いです。

例えばGoogleアドセンス審査申請の前に20記事を公開状態にしておき、審査中も毎日更新するように予約投稿しておけば、真面目に運営しているブログだと認識されます。

ポイント⑥ 他のアフィリエイトタグはブログに貼らない

他のASPのアフィリエイトタグは、Googleアドセンス審査中は貼らないようにしましょう。

ポイント⑦ 画像は一切不要

画像の著作権の問題が絡む可能性があるので、フリー素材であったとしても審査中には、アイキャッチを含めて、記事内にも画像を貼り付けないようにしましょう。

ポイント⑧ プライバシーポリシーを設置する

Googleアドセンスを掲載しているWEBサイトには、プライバシーポリシーを表示する義務があるため、審査段階で設置しておきましょう。

下記は私が運営しているアドセンスを掲載しているブログのプライバシーポリシーです(コピペOKです)。

□個人情報の収集について

「http://(自分のブログのURL)」(以下、当サイト)では、「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め、個人情報の適切な管理・保護に努めます。

1.個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
2.不正な手段による個人情報の取得は行いません。取得した場合には、本人に利用目的を通知又は公表します。
3.個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。
4.個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
5.本人の同意なしに第三者への個人情報の提供は行いません。ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生に関わる場合、児童の健全育成に必要な場合、公共機関等に協力する場合、その他提供することが望ましいと判断される場合を除きます。

□広告の配信について
当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する、広告を設置しております。
広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
利用者はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookieを無効にすることができます。
また aboutads.info にアクセスしていただければ、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にすることができます。
その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

□WEBサーバーの記録
当サイトが利用しておりますWEBサーバーは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、この行為は利用者個人を特定するものではありません。
利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧することができます。

□免責事項
利用者は当サイトを閲覧し、その内容を参照したことで損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。
また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。
当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

ポイント⑨ お問い合わせフォームを設置する

プライバシーポリシーに関連してきますが、何らかの読者から問い合わせに対応できる、お問い合わせフォームを設置しておきましょう。

審査編

一定数の記事を公開済みにしたら、Googleアドセンスの申し込みをしましょう。

AdSense へのお申し込み方法

ポイント⑩ アドセンス審査中でも記事の更新をする

Googleアドセンスの審査期間は早ければ数日、何かあればそれ以上かかることがあります。

事前に用意した記事を予約投稿する形にして、審査期間中も更新されている状態をキープしましょう。

まとめ

独自ドメインやレンタルサーバーの準備、そして記事の用意についてなど、ゼロからGoogleアドセンスの審査を突破するまでの流れをポイントを踏まえてお伝えしました。

重要なことは繰り返しになりますが、記事の中身の審査時に見られていますので、きちんとした記事を用意するようにしましょう。

そしてアドセンス審査で合格したら、次は「どこに」「どのような」広告を配置するかが重要になりますので、ぜひ以下の記事も読んでみてください!

-ブログ

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.