ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる起業・副業ノウハウ、ブログ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法をわかりやすく具体的に解説しています。

キャッシュポイント

WEBライター初心者が月3万円を在宅で稼ぐための方法

投稿日:

以前はライターというと、特別な才能がある人や取材力がある人、出版社などとのコネがある人など、限られた人が就くことができる仕事でした。

それがネットの普及で、文章を書くのが好きな人であれば、誰でも在宅で稼ぐことができる仕事になっています。

そこで今回は、コンスタントに月3万円以上稼げるWEBライターの仕事の詳細と、実際にやるための手順や注意点をお伝えします。

WEBライターとしての仕事の流れ

ネットで稼ぐ方法は、お小遣いレベルの収入しか得られないものから、生活するに十分な収入が得られるアフィリエイトのようなものまで、いろいろあります。

WEBライターの場合、ネット上に仕事が溢れているため、時間の折り合いが付けば、いくらでも稼ぐことができます。

WEBライターの仕事の流れは以下のようになります。

①クラウドソーシングサイトに登録

クラウドソーシングサイトというのは、記事作成を依頼したい人と受注したい人の間を仲介するWEBサービスになります。

ふつうのライターであれば、自分でクライアントのところへ出向いて実績などを示して仕事をGETする手間がかかりますが、クラウドソーシングサイトは予め登録された仕事の中から、自分でやりたいものを選ぶことができます。

クラウドソーシングサイトには、ライティングの案件が豊富なので、仕事がなくて困るようなことはありません。

代表的なクラウドソーシングサイトは、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラの3つがありますので、すべて登録しておくのが良いでしょう(登録は無料です)。

クラウドワークス

ランサーズ

ココナラ

②案件を探す

各クラウドソーシングサイトに登録したら、早速「ライティング」案件を探しましょう。

案件には記事のジャンル、文字数、1記事あたりの価格が書いてありますので、自分にフィットするものを探すようにしましょう。

■ポイント
1記事あたり1,500円〜の案件は要求レベルが高く、ある程度ライティングに慣れている人でないと完遂できない可能性があります。

ライティング初心者向きの案件は、1記事あたり500円で文字数が2,000文字以下のものが多いです。

③案件に応募して受注する

自分に合う案件を見つけたら、どんどん応募しましょう。

応募すると契約の条件や記事を書く上での詳細情報を教えてもらえます。

④ライティングをする

クラウドソーシングサービスの案件は、相手(クライアント)が仮払いをした段階から仕事がスタートします。

クライアントが仮払いしたお金はクラウドソーシングサービスが一旦預かり、ライターがクライアントに納品した段階で受け取ることができる仕組みになっています。

⑤記事を納品する

記事をクライアントに納品すると、チェックが行われます。

チェック次第では修正(リライト)が発生しますが、クライアントの意向に沿ってきちんと修正をして納品しましょう。

記事の検収が終了すれば、クラウドソーシングサービス側から報酬を銀行振込で受け取ることができます。

ライティングの仕事に必要なもの

WEBライターの仕事に必要なものは、パソコンとインターネット回線のみ!と極めてシンプルです。

パソコンはWindowsやMacなどの制約はなく、基本的に文字が入力できれば、特別なソフトウェアも必要ありません。

もし「スマホやタブレットしか持っていない」という場合でも、ライターの仕事ができないということはありませんが、キーボードを入力するスピードに比べると生産性が落ちるため、低スペックで中古でも良いのでパソコンを用意するほうがベターです。

月3万円WEBライターで稼ぐ秘訣

WEBライティングの進め方と必要なものが揃えば、「早速ライティングに挑戦してお金をガンガン稼ぎましょう!」といきたいところですが、実際にWEBライティングにチャレンジする人の
半数以上は最初の案件さえこなせず撤退することが多いです。

これはWEBライティングの仕事を甘く見ていたのか、簡単にできると思っていたからです。

そこでスタートする前に、以下のことを押さえたうえで、案件探しや受注をするのが良いです。

案件を探すポイント

人によって得手不得手があるように、ライティングにも書けるジャンルと書けないジャンルというものが、誰にでもあるものです。

そのため、自分が書ける・得意なジャンルが何かを見極めたうえで、案件を探すようにしましょう。

もし自分が得意なジャンルで稼げそうな案件がなければ、「調べれば書けるかも、、」というジャンルも探すと良いでしょう。

応募前にサンプル記事を書いておく

ある程度記事を書ける力があると自分で思うのであれば、最初からスムーズな受注するためにサンプル記事を書いておき、応募時にサンプル記事を提示すると良いでしょう。

特に高額案件を依頼したいクライアントは、やる気がある人を求めていますので、好印象を与えることで受注の可能性が高まります。

ライティングスピードを上げる

ライティングスピードを上げることは、たくさん稼ぐために不可欠な要素です。

ライティング数をこなせばこなすほど、ライティングのスピードは上がりますので、最初は低額案件でも腐らずこなすことも重要です。

ライティングの精度を上げる

ライティングスピードが上がっても、内容にまとまりがない、誤字脱字が多いなどの質に問題があると、ライターとして評価してもらえません。

高額案件を募集しているクライアントは、あなたの評価を見て依頼するかを決めますので、記事は丁寧にチェックして納品しましょう。

まとめ

ふつうのライターでもそうですが、はじめから記事を書くだけでガンガン稼げるようなことはありません。

場数をこなして、誰もが賞賛する記事をかけるまでは、時間だけかかる修行のように思うかもしれません。

ただ修行中でも、少ないかもしれませんが、仕事をすればお金を稼げる点は、ふつうのライターよりはましです、

1記事3,000円以上の高額案件にチャレンジできるようになるまで、まったくゼロからだと半年くらいかかるかもしれませんが、一度そこまでいけば月3万円どころか、月10万円以上をコンスタントに稼ぐことも十分可能です。

-キャッシュポイント

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.