ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる起業・副業ノウハウ、ブログ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法をわかりやすく具体的に解説しています。

ツールとソフト 無料レポート

Boxshot Lite-3Dブックカバーが作成できる無料ツールの使い方

投稿日:

Boxshot Liteは、2Dで作成された画像をブラウザ上で立体的な3Dデザインに変換して、ダウンロードできる無料ツールです。

今回は無料レポート素材デザインができるCravaでデザインしてPCにダウンロードした素材を、3Dデザインに変換する方法をお伝えします。

Boxshot Liteの使い方

まずはBoxshot LiteのWEBサイトにアクセスしましょう。

Boxshot Lite

Boxshot Lite-3Dブックカバーが作成できる無料ツールの使い方

Boxshot Liteは、以下の6つの種類の3Dデザインに変換することができます。

・ハードカバーBOOK
・ソフトカバーBOOK
・DVDボックス
・DVDボックス+ディスク
・CD Box
・CD Box+Disc

無料レポートは縦長のデザインが良いので、

・ハードカバーBOOK
・ソフトカバーBOOK

のいずれかを選択しましょう。

Boxshot Lite-3Dブックカバーが作成できる無料ツールの使い方

制作するデザインを選択すると、①でPC上の素材の選択とアップロード、②で陰影の付け方を選ぶことができます。

また「プレビュー」画像を自由にマウスで動かすことができますので、向きや角度を細かく調整して、良い感じになったら、「RENDER」ボタンをクリックして制作します。

Boxshot Lite-3Dブックカバーが作成できる無料ツールの使い方

前画面で「RENDER」ボタンを押すと、3D素材の出来上がりを3つのタイプから選択できます。

・BASICクオリティ
・HIGHクオリティ
・ULTRAクオリティ

好きなものをクリックすると、制作がスタートし、ダウンロードできるようになります。

Boxshot Lite-3Dブックカバーが作成できる無料ツールの使い方

制作が終了すると、「DownLoad Free Image」ボタンが表示されますので、クリックします。

そうすると、上記のような選択画面が表示されます。

「Tell Me More」ボタンは有料の透過PNGファイル、「Nah, I Want it,Free」ボタンは無料のPNGファイルのダウンロードになります。

「Nah, I Want it,Free」ボタンをクリックすると、PCへダウンロードできます。

まとめ

Boxshot Lite-3Dブックカバーが作成できる無料ツールの使い方

無料版で出来上がった3D素材は、サイズが『400px✕300px』のものになります。

無料の3D素材を引き伸ばして、無料レポートの素材に使えないことはありませんが、見た目的にかなりイマイチになります。

Boxshot Lite-3Dブックカバーが作成できる無料ツールの使い方

そのためサイズの大きなものが欲しい場合は、有料版を選択するのも有りです。

価格は

・サイズ『1024x768』で透過なしは9.99$
・サイズ『1024x768』で透過ありは19.99$

こちらのようになります。

-ツールとソフト, 無料レポート
-

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.