ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる情報発信ビジネスのノウハウ、ブログ×メルマガ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法を分かりやすく解説しています。

キャッシュポイント

サルでも分かるアフィリエイトの基本と始め方

投稿日:

ネットを使って稼ぐ方法として、一度は耳にしたことがあるのが、アフィリエイトではないでしょうか?

アフィリエイトに興味はあっても、

「聞いたことはあるけれど、何とかなくしか分からない、、」
「やってみたいけれど、難しそう、、」
「やってみてもいいけど、本当に稼げるのか不安で、、」

などなど、いざ始めようとしても、不安に思うことってありますよね。

そこで今回は、初心者でも分かるようにアフィリエイトの基本的な知識と、アフィリエイトの種類についてお伝えします。

アフィリエイトの仕組みを解説

アフィリエイトのビジネスとしてメリット

リアルの世界で、消費者が何かを店舗で購入しようとする場合には、

・商品を製造販売する会社
・商品を扱う問屋
・商品を販売する会社(店舗)

主にこの3者が購入までに介在することになります。

一方で、消費者がインターネット上で何かを購入しようとする場合には、

・商品を製造販売する会社(広告主)
・商品の情報を扱う代理店(ASP)
・商品を紹介するWEBサイト等

主にこの3者が購入までに介在することになります。

アフィリエイトとは、商品を紹介するWEBサイト等(ブログ、メルマガ)どのメディアを自分で構築して、商品を紹介して売れることで、代理店であるASPから紹介料を報酬として受け取るビジネスのことです。

リアルの世界で店舗を運営するビジネスを行おうとすると、

・店舗の家賃
・店舗の光熱費
・商品の仕入れ代金
・従業員を雇うコスト

など、スタートする前に多額の資金が予め必要になります。

さらに、店舗で売る商品を仕入れるためには、メーカーや問屋などと契約を結ぶ必要があります。

一方、アフィリエイトをビジネスとしてやる場合、店舗も商品の仕入れも、従業員も不要です。

必要なものは商品を紹介するためのWEBサイト、そしてパソコンとインターネット接続代金と、最小のコストでスタートするとができます。

極力リスクを減らしてビジネスをスタートするなら、アフィリエイトはかなり良い選択肢なのです。

アフィリエイトにおけるASPの存在



Screen 3157390 1280
バリューコマースのWEBサイトから引用

アフィリエイトは商品を仕入れることなく、WEBサイトで商品を紹介して売れることで、成果報酬を稼ぐビジネスですが、初心者にとって分かりづらいことが

・どうやって売れたかどうかが分かるのか
・誰から成果報酬をもらえるのか

この2点です。

先に、消費者がインターネット上で何かを購入しようとする場合には、

・商品を製造・販売する会社(広告主)
・商品の情報・広告を扱う代理店(ASP)
・商品を紹介するWEBサイト等

この3者が購入までに介在することになると述べましたが、この中の

・商品の情報を扱う代理店(ASP)

が、商品が売れたかどうかの把握、そして報酬の支払いをやってくれるのです。

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダーを略したもので、「商品を製造・販売する会社(広告主)」の依頼を受けて広告を配信する代理店のことで、企業と稼ぎたい人(アフィリエイター)の仲立ちをしてくれる存在です。

有名企業の商品広告を、一般人であるアフィエイターが取り扱うことができるのは、ASPが存在しているからなのです。

アフィエイトの仕組み

アフィリエイトの1形態である、サイトアフィリエイトを例にして、アフィリエイトの仕組みを紹介します。

①ブログを構築する

サイトアフィリエイトには、まずWEBサイトをWordPressなどで構築しておく必要があります。

②ASPに登録する

広告を扱っているASPに、アフィリエイターとして登録をします。

③紹介したい商品を探す

WEBサイトで紹介したい商品を、ASPが扱っているものの中から選びます。

④広告リンクを入手する

紹介したい商品が決まったら、WEBサイトに掲載する広告リンクをASPから入手します。

⑤WEBサイトに紹介記事と広告リンクを掲載する

WEBサイトに商品を紹介する文章、そして広告リンクを貼り付けて、記事として公開します。

⑥ユーザーが広告リンクをクリックして、商品を購入する

WEBサイトを訪れたユーザーが、広告リンクから商品ページへ遷移して、商品を購入します。

ASPは広告コードから、誰のWEBサイトに貼り付けられた広告を経由した購入したかの、購入情報を把握していますので、確実に成果報酬を受けることができます。

⑦購入に対する紹介手数料を成果報酬としてアフィエイターに支払う

アフィリエイターがASP登録時に登録した銀行口座に、ASPが成果報酬を振り込みます。

以上がWEBサイトアフィリエイトの流れになります。

アフィリエイトの種類

先に紹介したサイトアフィリエイト以外にも、アフィリエイトにはいくつかの種類があります。

無料ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトは、FC2のような無料で開設できるブログに記事を書いて、商品を紹介して稼ぐアフィリエイトです。

元手として完全無料でスタートできるので、気軽にアフィリエイトをやるならブログアフィリエイトが良いのですが、無料ブログを使っているためにサービス閉鎖や削除リスクがあります。

サイトアフィリエイト

WEBサイトをWordPressなどで構築して、商品を紹介して稼ぐアフィリエイトです。

ブログアフィリエイトは無料ブログ(=他人のサービスにタダ乗り)していますが、サイトアフィリエイト場合は自分でサーバー借りて自分の所有物としてWEBサイトを構築するため、ブログアフィリエイトにつきまとう閉鎖や削除リスクがありません。

記事を量産して増やすことで、長期的にアクセスを集めて稼ぐことができる、資産サイトを作ることができます。

PPCアフィリエイト

PPCとは、Pay Per Click(ペイパークリック)の略で、GoogleやYahooなどの検索エンジン上に自分でお金を払って広告を出して、WEBサイトにアクセスを集めて、商品を紹介することで稼ぐアフィリエイトです。

広告がクリックされるごとに広告費がかさみますが、その広告費を上回る成果報酬を稼げる可能性もあるため、取り組む人がいます。

※上手くやらないと赤字になるので、初心者にはオススメできません

メルマガアフィリエイト

WEBサイトではなく、自分の発行するメルマガに商品の広告リンクを掲載して稼ぐアフィリエイトです。

すでにメルマガを発行していて、読者数がそれなりにいると、大きく稼ぐことができます。

商材別アフィリエイト

先に紹介したアフィリエイトは、どこに広告リンクを貼り付けるかで分けましたが、これとは別に扱う商品・商材によって、アフィリエイトを区分けすることもできます。

物販アフィリエイト

モノ(家電やおもちゃ、健康食品やサプリメントなど)、サービス(保険、クレジットカード、英会話教材・スクールなどの契約や申し込みなど)を紹介することで稼ぐアフィリエイトです。

物販アフィリエイトでオススメのASPは、以下になります(登録は完全無料です)

A8.net(エーハチネット)に登録

バリューコマースに登録

もしもアフィリエイトに登録

情報商材アフィリエイト

「異性にモテる方法」「1週間で5キロ痩せる方法」のような、ノウハウ情報を商品化したものを情報商材と言います。

この情報商材を紹介して稼ぐのが、情報商材アフィリエイトと良います。

情報商材アフィリエイトでオススメのASPは、以下になります(登録は完全無料です)

infotopに登録
インフォカートに登録

無料オファーアフィリエイト

ユーザーにとってはお金を支払う必要がない、有益なセミナーやイベント、メルマガなどを紹介することで稼ぐのが、無料オファーアフィリエイトです。

クリック報酬型アフィリエイト

広告コードをWEBサイトに貼り付け、ユーザーが広告をクリックするだけで報酬を得ることができるのが、クリック報酬型アフィリエイトです。

商品を紹介する記事を書くのではなく、特定のテーマに沿った記事を書いていく(特化型ブログ・サイト)を作り、アクセスを集めることで稼ぐアフィリエイトになるため、初心者でも取り組みやすいアフィリエイトです。

有名なものにGoogleが提供している、Googleアドセンスがあります。

まとめ

以前であれば無料ブログでアフィリエイトをスタートするのが推奨されていましたが、最近は独自ドメインとサーバーを借りて、WordPressでアフィリエイト用WEBサイトを構築する、サイトアフィリエイトが主流になっています。

どんな内容の商品をアフィリエイトリトするのかは、どんな内容のWEBサイトにするかによっても変わりますので、アフィリエイトをスタートする前に方向性を決めるようにしましょう。



無料で学べる!おすすめ情報

ビジネスで稼ぐ秘訣を無料で参加できる限定メール講座で公開中!

-キャッシュポイント

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.