ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる起業・副業ノウハウ、ブログ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法をわかりやすく具体的に解説しています。

WPプラグイン設定

Search Meterの設定方法-WordPress内の検索結果を閲覧できるプラグイン

投稿日:

Search Meterは、Wordpressのサイト内検索の結果を、管理することができる便利なプラグインです。

ブログを訪れたユーザーが、どんなキーワードを使って情報を調べているのかが把握できれば、Googleアナリティクスのアクセス解析とともに、今後どのような記事を書いていけばアクセス数が伸びていくかなど、将来の需要分析を行うことができます。

とても役に立つプラグインですので、ぜひ導入しましょう!

Search Meterのインストールの手順

早速Search MeterをWordPressにインストールしましょう。

Search Meterの設定方法と使い方

まず、「WordPressの管理画面>プラグイン>新規追加」と進みます。

Search Meterの設定方法と使い方

「プラグインを追加」画面の入力欄に、「Search Meter」を入力して、「ENTERキー」を押します。

スクリーンショット 2018 03 03 13 53 21

「今すぐインストール」をクリックします。

スクリーンショット 2018 03 03 13 53 40

「有効化」をクリックします。

これでインストールは終了です。

Search Meterの設定画面

Search Meterの設定方法と使い方

Search Meterを有効化すると、ダッシュボード上に直近7日間の検索結果が表示されるようになります。

クイックビュー画面の詳細

Search Meterの設定方法と使い方

①クイックビューパネル

「Term」は検索に使われたキーワード、「Searches」は検索回数、「Resluts」該当する記事数を表しています。

②フルダッシュボードへのリンク

今日・昨日、直近7日間、直近30日間の状況を確認できる画面に遷移します。

③セッティング画面へのショートカット

設定画面に遷移します。

ダッシュボードの画面詳細

Search Meterの設定方法と使い方

④タブ切り替え

直近検索キーワード100、500の一覧画面を表示できます。

⑤検索回数と該当記事数

今日・昨日、直近7日間、直近30日間の検索回数と該当記事数を表示します。

検索回数のみ

今日・昨日、直近7日間、直近30日間の検索回数を表示します。

この画面から分かることは、

・ユーザーが探しているキーワードに合う記事がある(⑤)
・ユーザーが探しているキーワードに合う記事がない(⑥)

ということですので、ユーザーが探している記事を新たに用意してあげることが、アクセス数アップに繋がることになります。

直近検索キーワード100・500の画面詳細

Search Meterの設定方法と使い方

キーワード別の累計検索回数を見ることができます。

Search Meterの設定

Search Meterの設定方法と使い方

Search Meterの結果を表示できる人の設定や、フィルタリングを設定することができます。

基本的には、デフォルトのままでOKです。

まとめ

Googleアナリティクスでは、ブログを訪問するユーザーの属性やページ遷移は分かりますが、ブログ内でどんなキーワードでは検索をしているかは分かりません。

そこで出番となるSearch Meterを使えば、ユーザーの動向を把握できますので、ブログ作りに役立ちます。

検索窓をサイドバーに設置して、Search Meterをインストール&有効化すれば、即計測開始となりますので、ぜひ導入しましょう!

-WPプラグイン設定
-

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.