ロケットファクトリー

読むだけで知識とスキルが上がる情報発信ビジネスのノウハウ、ブログ×メルマガ集客、アフィリエイトで稼ぐ方法を分かりやすく解説しています。

SNS

Facebookで「いいね!」と「シェア」を爆発的に増やす方法

投稿日:

FacebookはSNSの中でも、実名登録が前提のために、ビジネスでブランディングしやすいメディア。

そのためリアルビジネス、ネットビジネスをはじめ、多くの起業家が利用しているのですが、ブランディングや集客が上手くっている人が、ほんの一握りという現状があります。

それが客観的に分かるのが投稿に対する「いいね!」であったり、「シェア」の数です。

そこで今回は、Facebookで「いいね!」、「シェアを爆発的に増やす方法を、実際にやってみて成功した事例と併せてお伝えします。

Facebook、Twitter、Instagramの利用者層をおさらい




20~60代のFacebook、Twitter、Instagramの利用率は?【MMD研究所調べ】

Facebook、Twitter、Instagramの利用者の年齢層を見れば一目瞭然!

Twitter、Instagramは20代の利用が突出して高く、それ以降の年齢層は低くなる一方、Facebookは30代〜50代のビジネスパーソン、60代のシニアに至るまで満遍なく利用されているのが分かります。

この層に向けた商品やサービスを展開しており、さらにアピールしたい、集客に役立てたいと思うのであれば、Facebookはかなり使えるメディアとおいうことが分かりますね。

「いいね!」「シェア」をしてくれる友達を増やす

Facebookをブランディング、集客で活用したいと思うなら、「いいね!」や「シェア」をしてくれるFacebook友達をある程度増やしておく必要があります。

例えば「100いいね!」が欲しいなら、まず最低でも1000人の友達は必要ですね。

Facebookで友達を手っ取り早く増やすコツ

①友達の友達に申請する

最初のFacebook友達はあなたの顔見知りになるはずです。

さらにそこから友達を増やすためには、「友達の友達・知り合い」に友達申請をしていきましょう。

これで100人くらいの友達は、数日で確保できるはずです。

②「いいね!」を稼いでいる人に「いいね!」をしている人に友達申請する

『「いいね!」を稼いでいる人=インフルエンサー』ですので、そのインフルエンサーに「いいね!」をしている人に友達申請をしていけば、あなたの投稿に「いいね!」をしてくれる可能性が高いです。

③Facebookグループに投稿している人に友達申請する

あなたのビジネスに関連しているFacebookグループを探して、そこに『投稿や「いいね!」を押している人=潜在顧客』ですので、その人達に友達申請をしていきましょう。

友達申請自体はボタンを押すだけなので簡単ですが、「いいね!」をもらえるような良い友達を獲得したいなら、友達申請と同時にメッセージを送るようにしましょう。

なぜ友達申請しようと思ったのかなど、きちんとしたメッセージに書いて送ることで、かなりの好感を持ってもらえ、「いいね!」だけでなく「シェア」も積極的にしてもらえる可能性が高まります。

投稿内容をターゲットに合わせたものにする

Twitterは文字が中心、Instagramは写真が中心と、SNSにはそれぞれメインになる投稿コンテンツに特徴があります。

ではFacebookはというと、TwitterとInstagramのちょうど中間、文字と画像のバランスを取ったコンテンツを投稿するのが、「いいね!」や「シェア」を狙うためには必要です。

投稿する文章

Facebookで長文をダラダラ書くのはNGです!

Facebookはブログではないので、長くても30秒程度で読めるくらいのボリューム、300文字以内に抑えるのがベストです。

そして文章だけの投稿ではなく、必ず投稿内容に沿った画像も一緒に投稿するようにしましょう。

スクリーンショット 2018 08 26 16 47 07 2

このような文章の背景だけを変えられる投稿も、「いいね!」や「シェア」獲得には不利です。

画像

画像は、花、景色、動物、子ども、食べ物などの、人間が自然に興味を引くものがベストです。

ただ、投稿する文章と画像が、全然関係ないのはブランディングの観点からして考えものですので、関連するものを選ぶようにしましょう。。

投稿する時間帯は、Facebookが利用される時間にする

Facebookが利用される時間に合わせて投稿すれば、たくさんの「いいね!」や「シェア」を獲得することができます。

「いいね!」や「シェア」がもらえる時間帯

・5:00〜7:00
早朝の時間帯は、普段から早起きするビジネスパーソン、会社などに通勤する人に向けて投稿をアピールするのにベスト!

もっとも「いいね!」を獲得できるため、ぜひこの時間帯を狙いましょう!

・11:00〜12:30

ランチタイムの少し前の時間帯は、ビジネスパーソン、主婦などに向けて投稿をアピールするのに良い時間帯です。

・16:30〜19:00

帰宅時間帯と夕食後のブレイクタイムを狙うなら、少し早めの時間帯に投稿するのが良いです。

投稿時間のポイントは、Facebookの利用者がピークを迎える30分〜1時間前を狙うこと!

ポイント

Facebookのアルゴリズムは、「いいね!」や「シェア」の数が多ければ多いほど、より多くの目に投稿が表示されるようになっているためが、予めピーク前から「いいね!」を集めておいたほうが、他の人に比べて優位に立てます。

投稿するのは1日1回にする

Twitterは投稿する数を増やしてナンボというメディアですが、Facebookは立て続けの投稿のようなことをしたからといって、「いいね!」が増えることはありません。

どちらかというと多くて1日1回、通常なら2日1回くらいの割合での投稿にしておいたほうが、「いいね!」がじわじわ増える傾向があります。

コメントに必ず返信する

「いいね!」してくれた人へ「いいね!」を返せるのがベストですが、「いいね!」をしてくれた人が定期的にFacebookに投稿しているとは限りません。

そのため、投稿にもらったコメントに対しての返信だけをすればOKです。

ただ、「お早うございます。今日も一日素敵な一日をお過ごしください!」的な、いわゆる『挨拶・コピペコメント』にいちいちコメントを返信するのは億劫ですよね。

ですが、「コメントを返信する」というアクションを、Facebookのアルゴリズムが評価し、今後の投稿の露出を増やすように振ってくれる傾向にあるため、面倒ですがコメントは必ず返信するようにしましょう。

まとめ

Facebookで、100を超えるような「いいね!」、「シェア」を獲得して、ブランディングや集客に役立てるなら、一定以上の友達の数が欠かせません。

パッと見で『友達500人』より「友達3000人」の人のほうが、何だかすごそう、信頼できるように見えますからね。

ですから、時間は少しかかりますが、1日10人〜20人くらいのペースで友達を増やすようにしましょう。



無料で学べる!おすすめ情報

ビジネスで稼ぐ秘訣を無料で参加できる限定メール講座で公開中!

-SNS
-

Copyright© ロケットファクトリー , 2018 All Rights Reserved.