売れる商品・サービスの作り方

将来なくなる仕事をしている方必見!生き残れるビジネスで起業する方法

投稿日:

USACE Engineers conduct site visit

起業するからには自分のやりたいビジネスをしていきたいですよね。

ですが将来ニーズがなくなるビジネスを選んでしまうと、あとで目も当てらない事態に陥る危険があります!

そこで今回は将来にわたって起業家が十分活躍できる仕事をご紹介します。
今回仕事を4つのビジネスカテゴリーにわけてまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

将来なくなる仕事をしている方必見!生き残れるビジネスで起業する方法

1 ロボットによる代替が難しい仕事で起業する

そもそも将来消える仕事とは、技術革新により、人間がやらなくてもよくなる仕事のことです。

いま現在、ロボットや機械がいろいろな仕事をこなしています。

例えば
・自動車を製造する
・お寿司をにぎる
・荷物を仕分ける
・卵を割る

挙げていけばキリがないほどですよね。

以前であれば人間がやっていた仕事が、どんどん機械化されていっているのです。

もしかすると、近い将来、、、、

「仕事は明日からこのロボットがやるから、君はクビね」

こんな宣告を受ける方が続出して、街に失業者であふれる事態になるかもしれません!

これはサラリーマンだからではなく、起業家も同じです。

そこでこれから起業する方には、 簡単に機械やロボットに取って代われない仕事をビジネスとすべきなのです。

それが職人がいないと成り立たないビジネスです。

職人がいないと成り立たないビジネス

・大工・左官
・芸術家
・料理人
・作家・ライター
・漫画家

このカテゴリーのビジネスは、経験やスキル、そして何よりもセンスがものをいう仕事ばかりです。それ相応の準備をしないと新規参入は厳しい点を考慮する必要はあります。

2 機械化社会の維持に必要な仕事で起業する

産業革命後、人類は急速な機械化を遂げてきました。

便利な世の中を人間が謳歌できるのは、機械化の賜物ともいえますよね。

その肝心な機械化を支える仕事は、現在も未来もずっと必要となります。

機械化社会の維持に必要な仕事

・コンピューター技術者
・科学者
・研究者

ただ、このカテゴリーの仕事も、経験やスキルがものをいう仕事ですので、簡単に新規参入できない点を考慮する必要はあります。

3 自動化のニーズがない仕事で起業する

これまでたくさんの仕事が機械化で自動化されてきました。

ただのそれも優先順位があり、大量生産や即時性が求められる仕事から機械化、自動化が進んできました。

例えば価格を抑えた大衆車を生産するために、工場でロボットが活躍するようになりましたよね。

ですが、ビンテージカーや高級腕時計は、ロボットではなく人の手で作られています。

つまり、人の手によることで価値を生むもの、自動化のニーズがない仕事はこの先将来も生き残る仕事となります。

自動化のニーズがない仕事

・コンサルタント
・セミナー講師
・コーチ
・カウンセラー
・セラピスト

スキル、ノウハウがあれば、経験は浅くてもビジネスになる可能性があるもばかりだと思いませんか?

実は多くに人が参入しようとしている代表的なビジネスカテゴリーがこれです。

まだまだニーズがあるので、興味がある方は、自分に何ができるか考えてみることをお薦めします!

4 ロボットにはやって欲しくない仕事で起業する

いわゆる対人間に対するサービス業です。

ロボットにはやって欲しくない仕事

・医師
・看護師
・俳優
・美容師

医療現場では機械化が進んでいますが、肝心な部分は人間でないと不安ですよね。

未来にわたっても必ず人間が押さえておかないければならない仕事ばかりですので、ニーズがなくなることはありません。

ただ、相応の資格や経験や準備期間が必要な仕事ばかりですので、新規参入はかなり厳しいといえます。

さて、『将来なくなる仕事をしている方必見!生き残れるビジネスで起業する方法』はいかがでしたか?

これまで経験してきた仕事が、今回紹介した4つのビジネスカテゴリーに属しているのであれば、経験を活かして起業可能です。

もし目指すビジネスが4つのカテゴリーの中に入っていないのであれば、資格取得や勉強などをして、今のうちから将来に備えることをお薦めします!


-売れる商品・サービスの作り方
-

Copyright© 起業家養成プロデューサー 鶴田博之 オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.